【グリーフ遺族ケア】
♡病院における緩和ケアの臨床心理士は、外来や病棟で患者さんと家族への心理的な関わりを続けて行きます。今後の不安に向き合う機会も多いように思います。しかし患者さんが他界された時点で病院心理士の関わりは終わってしまいます。そこから家族は悲嘆の作業に向き合わなくてはなりませんが、その受け皿が病院に用意されているとは限りません。

大切な人とのお別れを経験した方々の気持ちに寄り添います。しっかりと悲しみに向き合い、あらたな意味を見出して本来の生活に立ち戻って頂けるようお手伝いします。
♡心理カウンセリング枠にてご対応(完全予約制)、HP問合せフォームよりご予約ください。