【ごあいさつ】沿革・略歴
♡株式会社ソフィアカウンセリング
代表取締役  清水 智子(Satoko Shimizu, M.A.)

ソフィアカウンセリングは1999年11月1日、名古屋市瑞穂区で産声を上げました。
心理カウンセリングと臨床心理士大学院受験講座を開始、2004年に東区へ移転。
2005年に企業向けメンタルヘルスサービスEAP本格稼働のため法人化しました。
2007年より中区丸の内を本拠地としてEAPに従事、10年が経過し、
2016年には第2拠点として瑞穂区の住宅街に調剤薬局内で瑞穂ルームを開設、
2017年には第3拠点として多くのビジネスマンが働く名駅ルームを開設しました。
同年10月、中区丸の内より中区錦へ本社を移転し、今日を迎えております。

そうした流れに沿った内容へとホームページをリニューアルいたしました。
これまでの業務(EAP、ストレスチェック、心理カウンセリング等)に加え、
「がん・緩和ケア相談」を新設しました。私は病院臨床でスタートしたのち、
この10年間は企業向けのメンタルヘルスサービスEAPに没頭いたしました。
今後もEAPを本業の軸としつつ、週半日のみ従事している緩和ケアですが、
自らが臨床心理士のライフワークとして継続して行きたいとの想いがあり、
♡総合病院緩和ケアセンター「がん難民を救え!」コラボ♡を稼動し、
ホームページに加えさせて頂きました。

ソフィアカウンセリングは2017年11月1日で満18歳になりました。
地域に根差して頑張ります。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

♡略歴
・国家公務員共済組合連合会東海病院にて心理臨床を開始
・臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー、元CEAP
・名古屋市立大学大学院人間文化研究科修了(臨床人類学)
「病いの語り・ナラティヴ研究」
・愛知淑徳大学大学院コミュニケーション研究科修了(臨床心理学)
「心身症・失感情症研究」
・慶應MCC(丸の内シティキャンパス)キャリアアドバイザー養成講座修了
・CEAP(国際EAP協会認定EAPプロフェッショナル)養成講座修了
・日本産業ストレス学会、日本マインドフルネス学会、日本サイコオンコロジー学会 会員
・社会医療法人愛生会総合上飯田第一病院 緩和ケアチーム 臨床心理士